menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15 



笑うということ。


多分、この子たち、英語わかってなかっただろうな。
わかんなくても「写真?いいよ、いいよ!」って言ってくれて、
ばっちり笑顔でポーズ。
荷台に乗って遠くに行っても、ずっと手を振ってくれた。
すごく嬉しかったよ。




事前にガイドブックを読む限りでは、
「写真を撮るとバクシーシを要求される」
ってあった。
更には、何もしてなくても子供達が寄ってきて、
「バクシーシ、バクシーシ」って言う、、とか。
(*バクシーシは簡単に言うとチップのような概念らしいです。
  イスラム教の教えに、豊かな人が貧しい人に分け与えることは尊いことだ、とか
  そういう考え方があるんだって。)

でも、実際どうかというと、思ってたより酷くなかった。(いたけどね。)
観光業に携わってる人(おみやげ物屋さんetc・・・)や、
観光客と触れ合う機会の良くある人には、そういう人も多かったけど、
普通に町に住んでいる人はみんな良い人だった。
温かくて、優しかった。
「写真撮ってもいい?」
って、いろんな人を撮らせてもらったけど、
お金を要求されたことは無かったです。
むしろサービス精神旺盛な人の方が多かったな。

そういうのって、観光客が原因になってる場合も多いんじゃないかな。
お金頂戴、って言ってみる。
そしたらくれた。
味をしめるよね。
簡単だと思っちゃう。

バクシーシ、バクシーシって寄ってくる子供達を見て、
この子達は無償の親切を知らないのかなって思ったけど、
そうさせたのは私達だったりするのかも。
イスラム教の考え方も根底にはあるのかもしれないけど、
(それを悪いと言うわけじゃないです。国や宗教によって違いがあるのは当たり前だから。)
直接的な原因は観光客にある気がした。


ほんのちょっとの滞在だったけど、
私の見たエジプトはとても親切な国だったよ。

 
secret

trackback url
http://illcolore.blog49.fc2.com/tb.php/25-0ce39b91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。