menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17 



Colorful。・+


アレキサンドリアには、カイロから列車で日帰り。
ヨーロッパのような瀟洒な町並み、美観に気を使っている、、とガイドブック。
へぇぇーそれは面白いかも!と期待して行ったら、
想像と違いすぎて面白かった笑

今まで見たどの街より、生き生きして騒がしくて可愛い街でした。
路面電車の線路の上にまでお店が出てる。
道に車が通るスペースなんで開けてやらない。
警察の人が来ると、慌てて店じまい。
その早いこと早いこと!

アレキサンドリアへ行った目的は、カタコンベとポンペイの柱、
それから博物館だったのだけど、
そんなんどーでもいいから街を歩かせて!!!って思った。
ツアーで一番辛いのは、“あ、スキ”って思ったところに自由にとどまれないこと。
気ままに歩けないこと。
日帰りのため時間がなく、街は完全に車窓観光(涙涙涙

絶対またこの街を歩きにエジプトに来よう。
そう強く誓ったのでした。



ちなみに、海岸沿いは確かにヨーロッパ風でした。
ナポリのような湾の作り。
美しかった。。
 
 
こんばんは。足あと辿ってやってきたらエジプト旅行記があるではありませんか!昔住んでたので、現在のエジプトが見られるなんてウレシイですね~。小学校の頃はピラミッドのふもとでたこ揚げやったりしてました。カイロぐらいだと結構冬はちゃんと寒いんですよね、疲れませんでしたか?
ではでは、また♪
 
こんにちは!
す、、すごい!ピラミッドのふもとで凧揚げ~!!
そんな、うらやましすぎます(>△<)
私はもうピラミッドを生で見るのが小さい頃からの夢だったので。。

そうですねーアスワンあたりとカイロ&アレキサンドリアの
気候の違いに驚きました。
想像以上に暑くて、これまた想像以上に寒かったです笑

ツアーだったので、本当にエジプトの表面しか見ることができなかったけど、
すごく大好きな国になりました。
また絶対行きたいなー。
あのクラクションのうるささがなつかしい!

写真、沢山あげる予定なので、また良かったらドウゾ☆

secret

trackback url
http://illcolore.blog49.fc2.com/tb.php/27-320f84a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。